2015年5月8日の取引結果

自動売買成績 自作EAトレード結果

※2015年5月は自動売買をお休みしています。自動売買再開は6月からとなります。

2015年5月8日のドル円相場ですが、長い上髭をつけた方向感のでない相場となりました。

20150508m30chart

上図は5月8日の30分足チャートです。

119.70でオープンしたドル円ですが、米雇用統計発表まではじりじりとドル買いが継続しました。

米雇用統計が発表されると、120.23から119.59まで約64pipsほど下落。

その後、ほとんど全戻しとなる120.21までリバウンドをやった後、再度119.59まで下落しました。

ニューヨーク市場午後はほとんど動きが出ず119円台後半で横ばいに推移し119.72でクローズ。

日足はオープン価格とほとんど変らない長い上髭をつけた十字線となりました。

当EAが取引していれば、-0.8pipsの損失となっていました。

米雇用統計でも方向感が出ず、今後の値動きがまったく読めませんね。

特段の材料が出ない限り、118-121レンジが長期化しそうな予感がします。

そうなると、当EA「TrendStalker」には最悪の展開となってしまいます。

この分だと他通貨ペア用のEAやドル円レンジ相場用のEAの開発を急がないといけないですね。

すでに、ドル円レンジ相場用EAの開発に取り掛かっていますが、まだまだ実用レベルには程遠い状況です。

今月中に形にできればいいのですが、なんとかがんばってみたいと思います。

コメント