2015年4月8日の取引結果

自動売買成績 自作EAトレード結果

2015年4月8日のFX自動売買結果ですが、4月8日はノートレードとなりました。

2015年4月8日のドル円相場ですが、調整下げとなりました。

120.24でオープンしたドル円ですが、東京市場午前は日銀金融政策決定会合の発表待ちということもあり、120円前半で神経質な動きをしながらも小幅にドルが売られる展開に。

日銀金融政策決定会合の結果が発表後は、追加緩和発表がなかったため失望売りとなり、一時119.69まで下落。

その後、翌朝午前3時の米FOMC議事要旨発表までは、119.64-120.06の範囲で大きく乱高下する展開となりました。

米FOMC議事要旨が発表されると、ドル円は119.82から一気に120.30まで急上昇。

その後、119.94まで押し戻されましたが、引けにかけてドル買いが継続し、120.11でクローズしています。

日銀の追加緩和なしで大きく調整するかと思いきやそれほどでもなく、米FOMC議事要旨で持ち直し、なんとか120円を維持しましたね。

ドル円は、短期下落トレンドからとりあえずは抜け出した格好ですが、120.36レベルのレジスタンスを明確に超えて上昇トレンドがでてくるかどうか要注目です。

コメント