2015年2月13日の取引結果

自動売買成績 自作EAトレード結果

2015年2月13日のFX自動売買結果ですが、13日はノートレードとなりました。

2015年2月13日のドル円相場は、上値が重く続落となりました。

119.09でオープンしたドル円ですが、東京市場午前はもみ合いとなり、118円台後半で横横していましたが、日本時間13時前に15分間で約50pipsほど急落。

一時118.41まで下落しましたが、そのごは下値の固い展開が続き徐々にドルが買い戻され、ロンドン市場序盤で急落分はすべて戻す展開となります。

その後、118円後半でのもみ合いがしばらく続きましたが、ロンドン市場中盤で突然119.19まで急騰。

しかしドル買いの流れは続かず、ニューヨーク市場に向けて再度値を下げる展開となり、24時の2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値が発表されると118.58まで約30pipsほど急落となりました。

その後引けにかけては、118.80までの間でのもみ合いとなり、118.73で取引を終了しています。

前日の急落以降、相場が不安定となり、前日と同様、13日も、瞬間的な急落をする場面がありました。

しかし、118.50以下が異様に固く、今後さらにどんどん下値を試していくかといえば微妙なところです。

まずは、来週18日の黒田日銀総裁の会見待ちといったところでしょうか。

会見で先日の記事が否定されれば、またドル買いが強くなっていくのではないでしょうか。

それでは、よい週末を。

コメント